婦人科(産婦人科)受診

卵巣の病気だってことはわかった。
翌日の婦人科(産婦人科)受診の予約を病院の先生が急を要するからって取ってくださったけど、仕事休めるかなぁ…

職場に電話して主任に事情を話すと、「私も同じ病気で手術したことがあるのよ。同じS病院よ。」と思いがけない返事が!
「早く治療したほうがいいに決まってるから、代わりの人のことはなんとか考えるから、遠慮なく休んでちょうだい。」となんともありがたい言葉をいただいた。


翌日。
紹介状とCT画像データを持ってS病院の産婦人科へ。

痛みがひどかったので子宮体がん検診は中断されたが、内診、子宮頸がん検診、エコー検査を行った。その後、血液検査、尿検査をしてこの日は終わり。
確定診断のためにはやはり様々な検査が必要らしい。CT画像データも持って行ったが、より詳しい造影剤CT検査もするという。
造影剤CT検査の日は1月29日(木)午後と決まった。

この日の受診の後、職場に行き現状を説明。なんと同じ病気で同じ病院で手術経験のある主任の話を聞くと、主治医も同じであることが判明。
事情をよく理解してくださり、病気がわかった以上、無理せず休むことを提案された。せめて手術までは出勤する心づもりでいたが、とりあえずその週は休ませていただくことになった。

私の職業は保育士。
パート職員だが、0歳児の担任をさせてもらっている。
担任団にもCT画像を見てもらって現状報告をした。
みんなビックリ005.gif005.gif005.gif
そりゃ、エイリアンがいるようなお腹の画像は衝撃だろうなぁ…

担任団も理解したうえで、とにかく治療に専念して、と言ってくださり、2日後の造影剤CT検査に挑むことになった。
[PR]
by miyonara | 2015-02-28 23:30 | 検査 | Comments(0)

卵巣腫瘍の摘出手術でがんが見つかり、卵巣がん(明細胞腺癌)と向き合う日常の記録。


by みよちん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31