リレー・フォー・ライフ・ジャパン芦屋2016

会場の芦屋市川西運動場までは、我が家から車で30分ほど。

去年は電車で行ったのですが、電車・・・しんどいので(電車酔いするので)、
今回は車で行くことに。
カーナビで検索したら、30数分と出たので、意外と近いんだなあと思ったりして。
今まで一度も走ったことのない有料道路を通るルートを案内されました。

芦有ドライブウェイっていうんですけど・・・

有馬温泉から芦屋まで、私のスピードで10分くらい。
なのに・・・

片道930円もするんだ・・・。

カーナビよ。なぜ、最初に言わないのだ???
10分で930円て。

まあ、この芦有道路、有名な展望台もあるので、昼夜問わずカップルが多いんでしょうな。
単身で出かけているオバサンには用のないスポットですが。

料金の高さは出口で初めて知ることになるのですが、
道路そのものはくねくね曲がっているコースも多くて・・・
山道に慣れていない人には走りにくいかな?
ま、私らジモピーは、山道慣れてますけどね。

でも・・・

この道路・・・

トンネルがいくつかあるんですが、そのトンネルが・・・気持ち悪いんです。

誤解を招いたらすみません。
私が個人的に気持ち悪く感じただけです。

昼間なのに、トンネルが見えた途端、
「あ、私、ここ通るの嫌っ!」って、思いました。

高速道路でも一般道でも、トンネル全部がダメなわけではないんです。
ただ、この時の、この道路のトンネルがどうも、肌に合わなかった。

対向車にパッシングされた時、
「えっ?私の車の上に、霊でも乗ってる???」てものすごく不安になりましたもん。
実際は、出口付近で警察が張ってたので、それを知らせてくださってたのですがね。

できれば、二度と走りたくない。
ひとりでは走りたくない。
そんなトンネルでございました。
昼間でも嫌だったので、夜に走れるわけがありません。
帰りは別のコースを走りました。
ま、こっちはこっちで、牛女伝説のあるコースですけどね。
走り慣れているのでちっとも怖くない。
こうなってくると、慣れの問題なのかなあ~。

おっと。
話がそれてしまいました。


会場の向かいにある体育館の駐車場になんとか車を停めて(21時で閉まるという・・・)、
会場に行き、卵巣がん体験者の会スマイリーの皆さんを探しました。
代表の方や関西の方は勉強会やおしゃべり会などでたびたびお会いしているのですが、
初めましての方もおられて、皆さんと過ごす時間がとっても幸せなひとときでした。

まず・・・
手形を押して・・・
c0357659_23170960.jpg

ルミナリエの準備もして・・・
c0357659_23172841.jpg
c0357659_23174208.jpg

みんなで歩いて、テントでおしゃべりして・・・
治療中の人も、経過観察中の人も、それぞれが近況報告などしながら・・・

c0357659_23175568.jpg

c0357659_23185223.jpg

c0357659_23193313.jpg

c0357659_23183087.jpg
c0357659_23190709.jpg
あっと言う間に時は過ぎてゆくのです。

こんなにも多くの人が、がんと向き合って生きているんだなという実感もあり。


このイベントが、関西で10年続いていることに感謝して、
これからもスマイリーの皆さんと一緒に参加していきたいなと思いました。


今朝の新聞・・・地元紙ですが・・・

あっ、昨日のイベントがちゃんと載ってる!!

c0357659_23164838.jpg
誰か写ってないかな~と、よぉ~く見たら・・・
自分の白い帽子が写っていたという・・・(黄色い☟のところ)

確かに、私は、この日、ここに存在していました!



[PR]
Commented by シェソワ at 2016-09-05 19:07 x
こんばんは!
お久しぶりです、お元気そうですね~
私も<卵巣がん体験者の会スマイリー>に、入会させていただきます。
明日申し込み(振込み)します。
Commented by miyonara at 2016-09-06 11:12
> シェソワさん
こんにちは!

おおおっ!
スマイリーに入会されるのですね!
是非是非。
何かの機会でお会いできるかもしれませんね♪
楽しみにしています。
by miyonara | 2016-09-04 23:32 | 卵巣がんあれこれ | Comments(2)

卵巣腫瘍の摘出手術でがんが見つかり、卵巣がん(明細胞腺がん)と向き合う日常の記録。


by みよちん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31