母の手術、無事に終わりました

昨日の母の膝の手術は、予定より一時間早く、2時間ほどで終わりました。


c0357659_01162913.jpg

c0357659_01164434.jpg

見るだけで痛そうな感じですが、リハビリ頑張ってもらって、早く家に帰ってもらいたいです。

父の大ボケ小ボケぶりが、なんともかわいらしいおじいちゃんなんですが、ワケわからないなりに、父も頑張っています。

昨日も将棋の相手をしてきました。
1局が、なかなかの名勝負になったので、『疲れたー』と言っていた父。

一筆箋で、母に手紙を書きました。

c0357659_01233717.jpg


パーキンソン病と認知症とで、筆圧も弱くなり、まっすぐ書くこともできない父。昔は達筆だったんです。

母に届けたら、『まっすぐ書かれへんのよー』て言うけど、書いただけで充分やんかー。

今日も、気になって、ふたりを訪ねましたが、父も母も元気でした。
父の排泄の介助したけど、お漏らしせずに頑張っていました。
ただ、母よりは背が高いし、意外と体重があるので、毎日介護している母ってやっぱり偉いなあと思いました。

父は淋しいと思うのですが、せめて入院中は介護から解放されて母にはゆっくりしてもらいたいです。
でも、現実は厳しくて、リハビリのある母はあんまりゆっくりできないのでした・・・

[PR]
by miyonara | 2017-03-04 23:14 | 家族 | Comments(0)

卵巣腫瘍の摘出手術でがんが見つかり、卵巣がん(明細胞腺癌)と向き合う日常の記録。


by みよちん