高額医療費

腫瘍の摘出手術をしなければいけない、ということがわかって、仕事のことや家族のことの心配事のほかに、もうひとつ気になったのは、医療費だ。
いったいどれくらいかかるのだろう?
仕事を休まないといけないし、その間の収入はなくなる・・・
命を助けてもらうための治療なのに、生活はどうなるのだろうか?

私は、卵巣腫瘍の摘出手術を経験されている方のブログにたどり着き、高額医療費のことを知った。
加入している健康保険協会に申請すれば、限度額適用認定証が交付され、この認定証を病院の窓口で提示すれば、支払額の負担が少なくて済むというものだ。

私は、協会けんぽのホームページから申請書をダウンロードし、入院日が決まる前から書類を送って申請した。
1週間ほどで認定証が郵送されてきた。
入院日には間に合わなかったが、入院してすぐに届いたので、退院までの間に窓口に持って行くことができた。


主治医のS先生からは、入院と手術で20万円くらいと聞いていたが、実際はいくら請求されるのか???
支払いに備え、自分の貯金を崩して、入院することになった。
[PR]
by miyonara | 2015-03-01 11:39 | 医療費 | Comments(0)

卵巣腫瘍の摘出手術でがんが見つかり、卵巣がん(明細胞腺がん)と向き合う日常の記録。


by みよちん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30