人気ブログランキング |

東海道四谷怪談

昆活(大阪市自然史博物館の『昆虫展』のあと、伊丹市昆虫館に行ってチョウの温室で過ごす♡)のあとは、とてもとても楽しみにしていた歌舞伎鑑賞。


c0357659_00494207.jpg

四世鶴屋南北原作の『東海道四谷怪談』が、京都南座で上演されるので、
一日目は歌丸ママさんと(歌丸さん@メレは、とーーーーっても幸せに暮らしております)、
二日目は主人と行ってきました。

c0357659_00505972.jpg


お岩さんを七之助さんが、
民谷伊右衛門をラブリン(愛之助さん)が、
お袖さん(お岩さんの妹)を壱太郎さんが、
そして、そして、直助を中車さんが演じられるということで、
見るほうも気合入りました。


c0357659_00514739.jpg

一日目は一番前の席。
首は痛かったけど、役者さんの表情まではっきりとわかって、とっても良いお席でした。



c0357659_00522597.jpg

二日目は花道の横の席で、これまた役者さんが立ち止まることの多いスッポンの辺りだったので、おひとりおひとりの演技が良く見えて、感激の連続でした。

後援会では、本当にいつも良いお席を確保していただいて、感謝しています♡♡♡



中車さんの直助は、はまり役だなあと思いました。
今回だけなんてもったいない。

壱太郎さんは本当にお美しいし、存在だけで華やぐ感じ。

ラブリンは、まあ、色男とはいえ人としてはアカンやろという民谷伊右衛門を熱演、
ほんま、『おぬしもワルよのう』というレベルを超えてますよね、この人。


そして、そして、
七之助さんのお岩さんが、本当に素晴らしかった!

玉三郎さんが監修で携わっておられることもあってか、
とても丁寧に描かれていましたが、
お岩さんの仕草のひとつひとつが、はかなく、美しく、哀しい・・・

今もずっと私の中に、お岩さんが残っています。
気が付いたら、お岩さんのことを考えている。


c0357659_00533425.jpg

てことで、鶴屋南北の『東海道四谷怪談』を、今、読んでいます。


今回、按摩宅悦役に大抜擢された、片岡千次郎さんも実に良かった!
千次郎さんはシスティーナ歌舞伎や、上方歌舞伎会でも拝見していたのですが、
このお役が当たり役になるくらいに、これからもがんばってほしいです。


今まで、舞台写真て買ったことなかったんだけど、
今回は買っちゃいました。

c0357659_00542192.jpg



次は12月の顔見世でまた南座かなあ~。
12月は中車さんが歌舞伎座に出られるので、
歌舞伎座も行けたらいいなあ♡

by miyonara | 2019-10-01 00:55 | 趣味のこと | Comments(0)