<   2015年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今年の便は今年のうちに・・・

大晦日。
なんとかおせちも重箱に詰めて、義母をお風呂に入れて、年賀状の宛名書きをしております。
パソコンを新しくしたのはいいのですが、住所録のデータが引き継げず、地道に手書きを選択。
日常的に文字を書くことが減っているので、良い訓練になります。

12月に入ってから、便通がいまいちになりました。
週に1回は出ない日が。
今まで毎日ちゃんと出て、多いときは一日3~4回出ていたので、一日でも出ないと不気味。
そういえば、抗がん剤の副作用の便秘は酷かったですが・・・

まあ、一日出なくても翌日には必ず出ていたので、大丈夫だったのですが、さすがに昨日、一昨日と2日続けて便通がないのはちょっと心配。
昨晩はとうとう、便通をよくするお薬のお世話になってみました。お世話になるのは抗がん剤治療以来かしら。


お薬のおかげかどうかわからないけれど、今朝から排便に通うこと5回。
『今年の便は今年のうちに』を合言葉に、せっせとトイレに通いました。
便通がちゃんとあると、やっぱり気持ちが晴れ晴れしますね。
私の場合、ちゃんと出ないと体重増加につながるので、絶対に意地でも毎日出したいのです。
これまでたった1日出なかっただけでも体重が増えてきました。
出なくても次に出たら減るんじゃない?とお思い???
それが、減らずに増えたまま現状維持になってしまい、結局は手術で13kg減った体重が、もう8kgくらい戻ってしまってます。
だから、私には、やっぱり『毎日出す』ことが必要!


・・・と、
1年の締めくくりが便の話で申し訳ありません。
でも、すっきり新年を迎えたい!!


今年は思わぬ病気の発覚から、手術に抗がん剤・・・あれよあれよと治療が進み、長いように感じた闘病生活も一旦休息を迎え、経過観察に入ることができました。

不安がないはずもなく、しんどくなったとき、落ち込みそうになったとき、多くの方々に励ましていただきました。
リアルの世界の友人だけでなく、ネット友さんのコメントにも勇気づけていただきました。
本当にありがとうございました。

感謝の気持ちを忘れず、新しい年を迎えたいと思います。

元気になり、日常の忙しさに必死になって生きていると、どこかでふと感謝の気持ちをそっちのけにして、
義母のことを愚痴ったりする自分がいます。
そんなとき、必ず自分の病気のことを思い出すようにしています。
病気のことを思い出すと、感謝の気持ちを忘れずにいられます。
そして、今を大事にしよう、後悔しないように生きよう、と自分が考えていることを思い出させてくれるのです。

大変な1年だったけれど、友人・家族のおかげで『幸せ』を感じて自分を見つめなおすことができた貴重な1年でした。

来年の目標は、『健康に生きる』!

生きているってすてきなことだなあと思える経験をまたたくさん積み重ねていきたいと思います。
変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎えくださいね。


にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村

[PR]
by miyonara | 2015-12-31 23:46 | 日常のこと | Comments(0)

義母が帰ってきた・・・

先週の月曜日に義父が退院し、我が家に戻ってきました。
義母のわがままから解放されるという、ある意味精神的にはゆったりできることもあった入院生活を終えたわけですが・・・
退院してすぐに義母に振り回されるのは御免、ということで、義母には義父の退院は内緒で、一週間は義父に自宅でゆっくり過ごしてもらいました。

しかし、義父が退院した以上、いつまでも義母をケアハウスにお願いしておくわけにもいかず・・・
ついに昨日、義母を迎えに行くことになりました。
ミドルステイ(ショートステイの長期版)からの退所・・・
皮肉なことに喜んでいるのは義母自身だけで、家族は誰も両手を挙げて喜んだわけではありません。

義父は、義母のことで私たちに面倒をかけるくらいなら、夫婦ふたりでどこか施設に入ろうかと、私たちには内緒でケアマネさんに相談していたようです。
誤解してもらいたくないのですが、私たちは、義母の世話が嫌なのではありません。
世話になっている人間に後ろ足で砂をかけるようなことを平気でする、そんな態度の義母が嫌いなだけです。
嫌いだけれど、四六時中嫌な態度をとるわけではないので、義母が『お利口さん』にしているときは、家庭は平和を保てています。

まあ、そんな感じで、仕事納めの翌日から早速義母が帰ってきて、まだ家庭に爆弾は落ちていないけど、これから先、何が起こるやら・・・と少し気の滅入るお正月休みになりそうです。

私の職場の人からは、『何も休みに入ってすぐでなくても、もう少しケアハウスにいてもらったら?』と心配してもらいましたが・・・
滞在が延長となると、それだけ費用もかかりますもんね。
ただでさえ、義父の退院から一週間も延ばしていますから・・・

今回、お願いしていたケアハウス・・・
義母ひとりで1ヶ月で21万円!!

ううう・・・

助けてもらったのになんですが、やっぱりこれだけの出費は痛いです。
払っているのは両親ですが、介護って本当にお金がかかりますね。

もっと費用の安い老人保健施設など、近所の安価な施設に空きがあったら間違いなくそちらにお願いしたし、今後もそちらの選択をしたいとは思いますが・・・本当にどこもいっぱいで、介護のプロの助けを必要としている家庭は多いはずなのに、現実はなかなか思うようにはいきませんね。

介護の仕事は本当に大変な仕事。
専門職として、もっと良い待遇にしてもらって、介護に携わる人たちの保障を、国には真剣に考えてもらいたいです。


さて。

私は、家の掃除は主人に手伝ってもらいながら、今日と明日おせち作りをがんばろうと思っています。
今回は手抜きです。
もう、ずっとキッチンに立っているのがしんどい。
すわっていてもしんどい。
今年は体をいたわることを学んだ一年だったので、おせちは手抜きでいきますよ!

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村

[PR]
by miyonara | 2015-12-30 16:27 | 介護のこと・福祉のこと | Comments(0)

実父の誕生日

実母がお正月用に食材を送る、と言ってくれたのですが、今日は実父の誕生日でもあるので、
「取りに行くわ」ということで実家に行ってきました。

お昼を過ぎてから昼食を済ませて行ったので、実家に着くと、
「コーヒーでも飲もうか~」と母がコーヒーを入れてくれ、
「ケーキも食べよか~」と出してくれたのですが・・・

c0357659_00042742.jpg

私が買って行ったケーキと見事にかぶっていました。
あはは。
両親の好みを覚えていたつもりなんだけど、好みどおりに買っていったら、そりゃかぶりますわなあ~。


父のパーキンソン病は、緩やかではありますが、進行しているように思います。
介護する母の負担を思うと、やるせない・・・
立ち座りも時間がかかるし、トイレに行くのにも、一旦寝てしまうと起き上がるのが大変なため、オシッコの場合だと母が尿瓶で取ってあげているのだとか。
それでも、要介護1なんです。
や、これ要介護1レベルじゃないでしょ、と思う。

先日は便も間に合わなかったようで、お風呂場に連れて行って体を洗ったりしたようですが、
「あんた、うんち漏らされたときはどうしてるん?」と母に聞かれました。
「そりゃ、お風呂場に行って、お尻洗ってあげてるよー」と答えたのですが・・・
義母の体を洗うより、床に撒かれた便をきれいに片付けるほうが大変なのよー。そうたびたびあることではないですが。

今日の父は、私が誰であるかもわかっていて(髪の毛が生えてきたとはいえまだ短いので、弟や親戚の男性と混同するらしい)、
自分がいくつになったのかもちゃんとわかっていました。
会話がいつも通じるとは限らず、今日も途中で眠くなってしまい、途中で床に入って寝てしまいました。
帰るときに声をかけても、ちょっとやそっとでは起きません。
そんな父を見ていると、歳をとったな・・・と思います。
体の筋力が衰え、自分でできることがだんだん減ってきていても、まだ元気なのが幸いですが。
しかし、皮肉なことに、父が元気であるということは、介護しなければならない母の負担が大きくなる、ということでもあります。
こういう家庭、今は珍しくないんでしょうね。

介護離職者ゼロを目指す、なんて国は言うてますけど、安易に考えすぎとちがいますか。
それなら、在宅在宅、なんて言わんと、ちゃんと対策を考えてもらわないと。
施設に入れないから自宅で看るしかなく仕事を辞める人だって世の中には多いのです。
我が家は、施設に入れなくて自宅で看るしかないからといって、仕事を辞めるなんてことはできませんけど。
義母を生かすために私が死ななあかんのか???って、冗談抜きで思ったこともあります。
介護って、救いのないことが多いと感じます。

でも、なんとか、まだ父も母も元気でいてくれるので、ありがたいことだと感謝して、私は私にできる見守り方をしていこうと思っています。


にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村

[PR]
by miyonara | 2015-12-23 23:38 | 介護のこと・福祉のこと | Comments(0)

結婚記念日

今日は17回目の結婚記念日でした。
私の職場の近くのホテルのディナービュッフェでお祝いしてきました。

c0357659_23583363.jpg
c0357659_23584842.jpg

食べ過ぎましたわ。
写真は撮れなかったけど、大きいチーズをくりぬいてできた鍋で仕上げるリゾットが美味でございました‼
あと、シェフが切り分けてくれるローストビーフ、ナラに持って帰ってあげたかったわー。

実はこちらのホテル、只今、私の勤めている保育園の子どもたちのクリスマス作品展も開催中。
主人にも子どもたちの作品展を見てもらうことができました。

今年は、お正月気分がぬけて間もない時期からずっと私の病気のことで主人には心配かけてきました。
今日、共に祝うことができて本当に良かった!
18年目のスタートです。

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村

[PR]
by miyonara | 2015-12-20 23:55 | 日常のこと | Comments(2)

クリスマスプレゼント

ナラへのクリスマスプレゼントは、キツネにしました。
c0357659_22581946.jpg

c0357659_22584192.jpg

先代のキツネは、わりと小さめでした。
c0357659_22595600.jpg

大きいキツネ、まだ少し警戒しているようです。

あと、ベッドも新調しました。
こちらはすぐに気に入ったようです。
c0357659_23170426.jpg

c0357659_23172027.jpg

c0357659_23174556.jpg

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村
[PR]
by miyonara | 2015-12-19 23:18 | 日常のこと | Comments(0)

リンゴはお好きですか

ついに、私以外の担任の先生もダウン。
ノロウィルスと診断された、と連絡がありました。

・・・てことは、私も、もしかしたらノロだったのかもしれないなー。

ま、もう過ぎてしまったことですが。

おかげさまで無事に回復しています。


自治会仲間の友人が、長野県に引っ越ししてしまい、ぽっかり心に穴が開いたような。
犬と暮らしている人ではないのですが、近所の山歩きにもナラ連れを快くOKしてくれて。
歳が近いこともあり、我が家には子どもがいないけれども、いつ会っても話が尽きなくて、
いろんなびっくりエピソードを持っていて、一緒にいて本当に楽しかったなあ~。

そして、引っ越しが決まるまでに長野県に行き来していたときにもらったおみやげのリンゴジュースが、これまたおいしくて。

以前、別の方にも長野県のリンゴジュースをおみやげにいただいたことがあるのですけれども、なんで長野県のリンゴジュースはどれもこれもおいしいのでしょうか。←おいしいのは当たり前か・・・


てことで、今日はリンゴの話題です。

私、リンゴジュースは好きなのですが、果物としてのリンゴはそれほど好きというわけではありませんでした。
だって、果物のリンゴって、甘さや食感に当たり外れがありますでしょ?
だから、リンゴそのものを買うことは稀でした。

でも、リンゴジュースをいただいてからは、リンゴを買うようになりました。
できれば、長野県産の。

リンゴにもいろんな品種があって、旬は品種によって違うのだろうけど(詳しくは知らないのですが)、
今のところ、シナノスイートとシナノゴールドには、外れなし!
もうね、売り場に行くと、『シナノ』って文字が飛び込んでくるんですよね。

仲人さんのお宅へのお歳暮も、長野県産のりんごの入った果物の詰め合わせを選びました。

毎朝、野菜ジュースを作るのですが、たまにリンゴを入れてみたりします。
ドロっとしてしまうけれども、やっぱりおいしいのです。
メインはにんじんと小松菜ですが、バナナかリンゴを入れると飲みやすくなります。

義父母がいる間はなかなか旅行にも行けないだろうけど、介護から解放されたらまた旅行に行きたいな。
最初はやっぱり長野県かしらね。

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村
[PR]
by miyonara | 2015-12-15 21:56 | 日常のこと | Comments(2)

卵巣腫瘍と最初に診断してくださったドクターとの再会

胃腸炎でのたうちまわった私ですが、かかりつけの病院で診てくださったのは、産婦人科への紹介状を書いてくださったN先生でした。

いつもN先生のお姿はお見かけするのですが、挨拶するタイミングもなく、そのうちまたお世話になるだろう、とは思っていました。
胃腸炎は嬉しくないけれど、今年中に先生にお会いできたのは良かったと言えるかもしれません。

カルテを見て、ああ、あの時の卵巣腫瘍の・・・とN先生も私のことを思い出してくださったようで、今回の診察の合間に思い出話(?)など。

「先生、あの腫瘍ね、8.1リットルもあったんですわー」
「えええ???8.1リットル???単純に考えても8kgてことだねえ。その腫瘍を、破裂させずに、S先生が手術で上手にとってくださったでしょう?実は、私は、S先生の手術に立ち会ったことがあるんですよ。あの先生は卵巣腫瘍の手術では実績がおありだし、この病気に関してお任せして間違いない先生ですからね。」
「そうだったんですか・・・実は手術して、悪性腫瘍だとわかりました。ステージはⅠaでしたが。」
「あれだけ大きい腫瘍になっていれば悪性であることが多いようですよ。でも、破裂せずに本当に良かったですね。破裂したらがんが散らばってしまいますからね。」

確かに診察していただき紹介状を書いていただいた当時(今年の1月末)、N先生は、
「このあたりでは手術の実績があるから」という理由でS病院の産婦人科を紹介してくださり、予約を取ってくださったのでした。
婦人科は別の病院にかかっていた私ですが(といっても子宮頸がん検診や子宮ポリープの切除を2回ほど)、N先生のお話しぶりから、
「私は婦人科は○○病院に行っているので、そちらに紹介状を書いてください」とは言う気になれなかったのですよね、不思議なことに。
でも、それがご縁で、S病院にお世話になることになり、治療が順調に終わって経過観察に入ることができました。

当時は、わが身のことながら、セカンドオピニオンを考えている余裕がありませんでしたが(エイリアン化した腫瘍がいつ破裂してもおかしくなかったから)、もし余裕があってもセカンドオピニオンを望んだかどうか・・・正直、今となってはわかりません。
卵巣腫瘍は手術できるのなら手術するしかないから、私の場合、手術しないなんて選択はなかったわけで・・・

今年は、いい先生との出会いがたくさんあったなと思います。
まあ、たくさんではない方が健康と言えるのでしょうが、病気になってしまったからには、せめていい先生と出会いたいですもんね。

卵巣がんの主治医の先生は代わったけれど、今の先生もいい先生だし、抗がん剤の点滴漏れでお世話になった皮膚科の先生もいい先生でした。


胃腸炎でしんどかったけれど、N先生とお話しできて、私の心はぽかぽか。


帰宅してFacebookを見ていたら、こんな情報サイトを見つけました。
婦人科がんのことが詳しくまとめられています。
 http://www.sikyukeigan.net/fujinka/
卵巣がんの動画は30分ほどでしたが、お時間のある方は一度見てみてください。
ご覧になって、これはいいな、と思われたら、お友だちにも薦めてみてくださいね。


にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村

[PR]
by miyonara | 2015-12-13 00:00 | 卵巣がんあれこれ | Comments(2)

みよちん、のたうちまわる

ついに私もダウンする時がきました。

今週、私が担任する0歳児クラスでは嘔吐で欠席したり早退する子どもが火曜日から続出。
嘔吐じゃない子は発熱でお休み。
クラスの半分くらいの子が欠席という毎日。

そして、木曜日の晩。

夕食に焼きそばを作りました。
本当は、夕食を作るのがいやで、主人が帰ってくるまで、横になっていました。
なんか、しんどい・・・
(後になって主人が申し訳なさそうに言いましたが、この焼きそば、味がしなかったそうな・・・)

出来上がった焼きそばを盛り付けたものの、食欲がわかないし、お腹のあたりが気持ち悪い。

夕食は食べずに再び横になることに。

でも、相変わらず、気持ち悪い。

もしかして・・・
私も・・・オエッ???

とにかく、横になるっていうても、吐き気がひどくて、寝てられませんの。
右向いたり左向いたり体勢を変えてみるけど、気持ち悪さに変わりなし。
苦しいよー、しんどいよー、とつぶやきながらのたうちまわるのでございました。

嫌な予感は的中し、トイレに行って吐くわ吐くわの連続で・・・
汚い話で申し訳ないですが、4回吐いたあとインターバルをはさみ、さらに4回嘔吐で、
合計8回嘔吐しました。
苦しいながらも、なんでこんなに吐くんやろ~と思いつつ・・・
大人の私でこんなにしんどいんやから、子どもたちはもっとしんどかっただろうな、なんて、クラスの子どもたちの顔が浮かんできて、泣けてきました。

嘔吐で休んでいる子の中で、病院で『急性胃腸炎かな?』と診断された子はいました。
特にロタウィルスだとかノロウィルスだとかいう報告は受けていませんでしたが、私は
『絶対どっちかじゃないかな』と勝手に判断して、嘔吐の合間に排便もあったので、検便してもらえるように便をとって容器に入れて、主人に病院に連れて行ってもらいました。

夜間のことなので、とりあえず一番近所の24時間対応の病院へ。

ところが。

24時間やいうてるくせに、今日は外科の先生しかいないから、と消極的に門前払い。
こうなったら手当はどっちでもいいので、検便だけでもしてもらえないかと言ってみたが、返事はノー。
(私が検便にこだわったのは、結果が仕事に行けるか行けないかの判断材料になるからです。)

ちっ。

しかたなく近隣の病院数軒に電話してみたものの・・・

・今日は内科医はいません
・今日の当番医は整形外科です
・急患優先。嘔吐の繰り返しなら感染症の疑いがあるので個室で待ってもらうことになるが、個室は満杯。順番がまわってくるまで車の中で待ってください
・来てもいいけど、急患がいるから後回し

という、どこもつれないお返事。

「急患がいるから後回し」と返事された、一番最後に電話した病院は、電話対応のおじさん職員が、
「夜間に来られた場合は1日か2日分しかお薬がでませんが、それでもよければ来てください」と言われたので、
「こっちもそんなに長期間の薬は希望していないので・・・(とにかく診察して早く楽にして~と切に願う)」
と返事すると、ものすごいえらそうな口調で、
「薬の必要な日数はドクターが決めることですから!!」って言われましたわ。
ていうか・・・あんたが最初に薬は2日分くらいまでやで、って言うたんやんか!!
こっちは薬なんてどうでもええんよーーー。

ま、この病院、たまたまこの日の、地域の内科救急指定の病院だっただけで、場所は知ってるけど行ったこともないし、これからも間違いなく縁のない病院なんで、別にいいんですけどね。

せっかく主人に車を出してもらいましたが、結局、家に帰るはめに。
せっかく便も持ち歩いたのにねえ。

吐き気は残っているものの、嘔吐そのものは落ち着いたので、翌日かかりつけ医に行くことにしました。
熱も出てきたので、翌日の仕事も休ませてもらうことに。

吐き気は明け方まで続き、熱のせいもありあまり眠れず、朝になっても38℃。
主人が仕事には遅刻で行くことにしてくれて、病院に連れて行ってくれました。

診察、採血の結果、感染性の胃腸炎ということで、点滴をしてもらいました。
朝は排便がなかったので検便はかなわず、ウィルスの特定はできませんでしたが・・・
点滴のおかげで、ずいぶん楽になり、夕方には熱も下がりました。

お昼ごろから食欲も戻り始め、梅干しのおにぎりを1個食べることができ・・・
(お粥作るのが面倒くさくて、つい・・・)

ただ、2日間はゆっくり安静に、と言われましたので、土曜日の夜の職場の忘年会(強制参加なのですが)も欠席させてもらうことに。


はあ・・・

やっぱり疲れがたまると免疫力は確実に落ちますわな。

体は大事にしないといけないなと改めて思いました。

先日、「心と体は別物」とコメントで助言をいただいたばかり。
本当にそのとおりですよね。
大事なことに気付かせていただいて感謝しています。
闘病生活のときはあれだけ自分の体に気を遣っていたのに、元気になると途端に忘れてしまいがち。
のど元過ぎれば熱さ忘れる・・・というやつですね。

それでも、やらなきゃいけないことはたくさんあるけれど、いっぺんにやろうとせずに、ゆっくりとりかかっていこうと思います。

時節柄、皆様もどうぞご自愛くださいませ!
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村
[PR]
by miyonara | 2015-12-12 16:20 | 日常のこと | Comments(0)

五郎丸サンボ

c0357659_23033464.jpg

なかなか散髪しない私に代わって、主人がサンボくんをカット。
主人いわく『五郎丸みたいにしてみたよ。』と。

どうかなぁ?

[PR]
by miyonara | 2015-12-11 23:03 | 日常のこと | Comments(0)

おいしいと感じられる幸せ

新しいノートパソコンを買って2週間が経つのですが、まだ梱包を解いていません。
もちつき大会から解放されたので、早く使いたいのですが、なかなかじっくりとパソコンに向き合う時間がなくて。
ま、年内には何とか使い始めたいと思っています。

コンタクトレンズを長時間装着した挙げ句、つけたまま寝てしまうという失態もあり、ドライアイの症状がひどくなって、目が充血。
眼科で処方してもらった目薬が効いて、随分良くなってきました。

実母と一緒に、義父の面会に行ってきました。
病院に行く前に母とランチに行ったのですが、ランチコースに満足した母、『こんなにゆっくり食事したことない』と。
普段は父の介護で休む間もない母は、パーキンソン病と認知症の症状が少し進んだ父に優しくなれないことにイライラしている様子。
病気だとわかっていても、母だって疲れるんですよね。
何とか、時々連れ出して、息抜きさせてやらないとなあと思いました。
母が焼いたお好み焼きを何枚も冷凍して、持ってきてくれました。私も少しずつ食べますが、入院中の義父も喜んでいました。

体が疲れているところへ、別の嬉しい差し入れ。
c0357659_00305399.jpg
おいしい卵。本物の卵。ストレスをなるべくかけないように育てられた鶏さんの卵。
卵かけごはん、最高です‼
c0357659_00332429.jpg
普段食べている卵とは比べものにならないくらい。
本当においしいのです。
これでまた毎日がんばれるわー。
Iさん、ありがとう🎵

[PR]
by miyonara | 2015-12-06 23:58 | 日常のこと | Comments(2)