<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

義父に寄り添う

義父の容態が良くなく、緩和ケアの話が進んでいます。

3月3日に胃の痛みを訴え、救急搬送された病院で腸閉塞と診断され、良くならないまま肺がんの治療はストップ。

腸閉塞も良くならないまま、今度は肺炎。こちらは一進一退。


ICU で人工呼吸器をつけられていた義父が、昨日、自力呼吸できるようになり、奇跡的な回復。

でも、たった1日で、また肺炎が進み、主治医の先生は、人工呼吸器を勧めませんでした。

私たち夫婦も、苦痛になる延命措置はしてもらいたくないし、本人も望んでいません。
もう、覚悟しなきゃいけない時がきたのかな、と思います。


義父の今の病院は、肺がんの治療をしていたところと違い、腸閉塞で入院したので、主治医は消化器内科の先生。
すごくいい先生で私たちの心はかなり救われています。

以前、知人から、「みよちんさんて、人のこと、好意的に言い過ぎじゃない?」と言われたことがあります。

自分の卵巣がんの主治医も、かかりつけの内科医も、みんないい先生なのでありがたいことなのですが、

「そんなにいい先生ばっかりいる???」と疑問に思われているのかもしれませんね。

でも、医師と患者って相性があるし、どんなに名医でも相性が良くなければ「いい先生だ」とは思えないかもしれないですよね。

だけど、他人が「あの先生はちょっと・・・」というような医師が、別の人にとっては「いい先生」というのは、

実はよくあることなのではないでしょうか?

私は、人のことを、医師のことを、決して過度に好意的に紹介するのではなく、自分にとっていい先生だからいい先生だと言っているだけなのですが。

逆に嫌な先生のことははっきりと嫌な先生だと言います。

具体的に自分がどう扱われたか、何を言われたかというエピソードとともに。


話を戻します。

義父が今お世話になっているこの病院、私の職場のすぐ近くなんです。
先に義父が入院して、数日経ってから内示が出て。
なんか、この土地に呼ばれてるのかなぁ、なんて思うことがあるのです。
転職も、ちょうどいいタイミングだったんだろうなと思います。


一年生の給食も始まったので、今週からしばらくの間は午後から勤務。
出勤前に義父の面会に行き、仕事終わってから少し顔出して帰宅。
そんな毎日です。

段々弱っていく義父を見て、自分が今、こうして生きていられることに改めて感謝します。
そして、義父が苦痛を感じることなく最期の時を迎えられるように、主人と共に寄り添っていきたいと思います。



にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村
[PR]
by miyonara | 2016-04-26 23:28 | 介護のこと・福祉のこと | Comments(0)

ボサコ、太鼓始めました

昨年の治療中から、『なんか新しいこと始めたいなぁ』と思っていました。
読書や写真といった趣味はこれからも変わらず続いていくとして、何か体を動かすことがしたいな、と。

夏の時季は盆踊りがあったので、ある程度心は満たされていましたが、秋から仕事に復帰して再び忙しくなると、なかなか新しいことに手を出せずにいました。

季節はめぐり、冬に地元の音楽祭で地元の和太鼓サークルのパフォーマンスを見させてもらってから、『太鼓やりたい』という気持ちに火がつきました。

音楽祭終了後に和太鼓サークルの方にお会いすると、なんと4月から初心者でもOKの練習会が始まるというではありませんか‼
しかも、会場が地元の神社!(正確に言うと、神社の社務所)
その神社の宮司さんとは地域活動でご一緒させていただいていることもあり、これ以上のご縁はなか❗と思いまして、先日、第1回目の練習に参加してきました‼

練習は月に2回、日曜日の夜。
日曜日は主人との共通の休みなので、昼間はたまに一緒に出かけたり、ゴロゴロしたりしていますが、野球観戦を除けば夜に出かけることはまずありません。大河ドラマを観たいので、夜はまあ間違いなく家にいます。
月に2回の練習日は、『真田丸』は録画で観れば問題なし。
それに、主人が家にいるので、犬だけで留守番する必要もなし。

実際に練習に参加させてもらうと、太鼓を打つ手と、体重移動をする下半身の動きのバランスが難しい!
パニック、パニック🌀😱
でも、楽しいのです‼

気がかりだったのは、治療を終えてからのお付き合いとなったばね指や、ばね指以外の手指の強ばり。
しかし、太鼓のバチを持って太鼓を打つ分にはまったく痛みもなく、問題なさそうです。
ま、バッティングセンターに通えるくらいだから、大丈夫ですね。

始めたからには、がんばって続けていきたいと思います‼
地元のイベントで披露させてもらえる日を夢見て。


にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村
[PR]
by miyonara | 2016-04-20 03:04 | 趣味のこと | Comments(0)

ボサコ

新しい職場のリズムにも慣れつつありますが、今週から下校指導が始まりました。
下校指導というのは、一年生も一緒に集団下校する際に、私たち支援員が付き添って通学路を歩くというものです。
校区内といっても遠いところに住んでいる子は、子どもの足で30分以上かかることも。
なので、送って行き、また帰ってくるわけですから、この1週間、かなり歩いています☺

下校指導の際には、地区ごとに子どもたちが並ぶのですが、私がその日担当する地区の子どもたちが何やらザワザワ。
私の名札を見ています。
顔写真付の名札。
人事課の外の廊下の壁をバックに普通のコンデジで撮られた顔写真。テカってて、薄ら笑いを浮かべている不気味な私。
それでも運転免許証の写真よりはるかにマシ。
その程度の顔写真を見て、子どもたちがザワついているのだ❗

「その顔ほんまに先生?」
「髪の毛短いから男みたい。」
「あれ?先生、ほんまは男やんな!?」
君たち!
何を言っているのだ❗
「私は女ですよ・・・・」という私の声はかき消され・・・・
「髪の毛短くても、のびても、顔一緒やしなあ」とか、
「今、ボサボサやしな。」「ボサコや❗」
と、とにかく言いたい放題ですわ。

そう、先日、美容院に行って、髪型良くなった‼と思ったのも束の間、やっぱり基本はボサボサなんですよね。

さて、そんなボサコですが、1年生の子どもたちとあやとりなど楽しんでいます。
ただ、手指の強ばりがあるので(昼間はかなりマシなんですけど)、昔ほどスムーズに出来ないけれど、ワイワイ言いながら、忘れたことは1年生に教わりながらのあやとり。

ふと、昔、手品・・・ってほどでもないけど、指抜き?首抜き?みたいなのをやってたなあと思い出しました。
手首や、首にあやとりの糸をくるっと巻き付けて、糸が外れそうにないのにある仕掛けをしたら、スルッと外れるという、アレです。
・・・こんな説明でわかっていただけます???

手品見せてあげようか~、と嬉しがりの私は、自分の首にあやとりの糸をかけて、手の指にも糸をかけて頭をくぐらせて・・・

スルッと外れるはずでした。


あれ???
あれれ???

糸を引っ張ったのに、スルッと外れることなく・・・


私の首が絞まった!!


あわわ、アカンやん、何してんの、ボサコ。
なんで???

こんなやり方じゃなかったか???


冷静な1年生のみんなが・・・

「先生、首に糸をひっかけてから、くるっと1回首の周りに糸を回すの忘れてるで・・・」


そ、そうか。
それで糸が外れずに、首が絞まったのか。

がんばれ、ボサコ!!

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村

[PR]
by miyonara | 2016-04-14 22:31 | 仕事のこと | Comments(0)

今年のさくら♪

今年もさくらを見ることができました。
そして、わずかな時間でしたが、撮影もできました。


   まずは町内のさくら🌸

c0357659_00492347.jpg

c0357659_00495542.jpg

c0357659_00504256.jpg




   
   つづいて職場のさくら🌸

c0357659_00515158.jpg

c0357659_00523668.jpg

c0357659_00525545.jpg
c0357659_00533638.jpg

c0357659_00583386.jpg


今年もさくらを見ることができたことに感謝して・・・🌸


にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村

[PR]
by miyonara | 2016-04-13 23:56 | 趣味のこと | Comments(0)

あっという間の1週間

新しい職場に行って、1週間が経ちました。
あっという間の1週間でした。

いろんな子どもがいるけれど、関わり方の難しい子どももいるけれど(保育園児と違って、小学生男子は平気で大人を叩いたりするのです)、毎日楽しく仕事をさせてもらっています。

楽しいのですが、思った以上に体は疲れているみたい。
昨日は、お風呂に入る前に力尽き、死体のように転がって寝ていた、と主人が今朝言ってた‼
先にお風呂に入った主人が私の足をつついたり、コチョコチョしたりしたらしいのですが、まったく反応しなかったとか。
気がついたら朝だったもんなあ。

朝食食べたらまた力尽きて二度寝。
おかげで朝の犬の散歩も遅めのスタート。
のんびり町内を歩いて、ナラと一緒にパンを買いに行き。
帰宅して洗濯物干してたら、ナラを病院に連れていかないといけないことを思い出し。明日でもいいかなと思っていたら、明日はナラの主治医の先生はお休みとのこと。
あかん、今日行かないと❗

あわてて家を出て動物病院に来たら、駐車場が満車!
待つこと一時間。
まだ待っています。
いつ呼んでもらえるかなぁー。

帰宅してからお風呂に入って、また力尽きる予定。

・・・・・・ 何回力尽きるねん‼

力尽きた後には、夕方の犬の散歩。
そして、所属する課の歓送迎会だー。
懲りずに力尽きる予感。

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村
[PR]
by miyonara | 2016-04-09 12:58 | 仕事のこと | Comments(2)

コナン君は慎一に戻れるのか?

4月1日より新しい職場に行っています。
といっても、4月1日は辞令交付式と書類提出、所属課の課長さんからの説明あれこれ、学童保育現場の見学等々で、自分の配属先に行ったのは夕方。挨拶と簡単な説明だけでこの日は終わり、本格的な仕事は今週に入ってからになりました。

小学生の子どもたちと関わるのはとても面白く、毎日があっという間に過ぎていきます。

女子のおませさんは、「先生、結婚してるの?」「でも、指輪はめてない!」と、新入り支援員(学童保育指導員は現在は放課後児童支援員という名称に変わっています)の私をいじりたおす・・・
そうですねん、昨年の手術前日に看護師さんに石鹸でゴシゴシしてはずしてもらった指輪・・・
一旦抜いたら改めてはめられるわけがなく(太って抜けなかったわけだからね)、大事にしまってあります。
まあね、痩せた時期もあったんだけど(ごくわずかな期間)、また太ってしまってさ~、みたいにさらりと言うと、子どもたちも意外にあっさりと、「リバウンドしたの???」と。
リバウンドなんて言葉、知ってるんや~と、そんなところに感心(?)。


小学校の校舎からは独立したプレハブの建物の学童保育の現場には、絵本や物語本以外にも漫画が置いてあって、『名探偵コナン』が人気。
私も漫画、アニメ、ドラマ、小説問わず、推理ものが好きなので、『名探偵コナン』ももちろん好き。

ここはひとつ、「先生もコナン知ってるよ」「先生もコナン好きだよ」というアピールとともに、子どもたちと話すきっかけを作ろうか・・・と思って、読書タイムに『名探偵コナン』を読んでいる子に話しかけたんですよ。

「コナン君てさあ~、慎一に戻れる日がくるかなあ?どう思う~?」

「・・・・・・」

「コナン君てさあ~、慎一に・・・」

シーン。


シーンと静まり返った部屋に、空しく響く声。



2日後。

別の子に聞いてみた!←そこまでする???

「コナン君てさあ~、慎一に・・・」

「戻れるよ。ていうか、戻ったよ。で、またすぐにコナンに戻ったけど。」


えっ???

い、今、なんと???


「あのさ、灰原が作った薬で一回慎一に戻ってん。で、自分でまたコナンに戻ってん。」


えっ???

そ、そうなの???



いつの間にそんな話になってたの??? ←私が時代についていけてないのか???
今から全巻そろえるの、無理があるかなあ・・・

あ、ご心配なく。
ちゃんと、仕事しておりますので。

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村

[PR]
by miyonara | 2016-04-06 23:49 | 仕事のこと | Comments(0)

退職の日

退職前日まで容赦ない残業。
でも、おかげで保護者に最後の挨拶も出来たので良かった‼

退職の日は、午前中が、担任していたクラスの掃除。
午後から新年度準備なので、私たち退職者は退職の手続きをして帰ってよいことになっていました。
そして、午前と午後の間に、会食。
園がお弁当をとってくれるのですが、ホールに本園と分園の職員全員が集まって食べるのです。
で、食べ終わった後に、退職者を送り出すお別れセレモニー。
いちいちセレモニーなんてしていただかなくて結構、なんなら帰りたいわという心境だったのですが(だって嫌がらせ的無視するような園長の顔なんて見なくていいなら見たくないし)、しきたりですので、嫌々ながら出ました。

挨拶だけしてサッサと帰りたかったのですが・・・
簡単に挨拶させてくれないんです。

退職者5名に、花束と色紙が贈られたのですけど、私に花束と色紙を渡してくれたのは、10月から一緒にクラスを担任させてもらっていた先生ふたり。このおふたりがですね、なんと、泣き出したんですよーーー。
「先生、今までありがとう・・・」
「帰ってくるのを待ってたんだよ。帰ってきてくれてうれしかったんだよ。さびしくなるよーーー。」
と。

私・・・ですか???

もう、このおふたりの涙にもらい泣きで、卒園式に引き続き、涙腺崩壊しました。
そして、嫌だと思っていたセレモニーの場に立って、良かったと思いました。←ゲンキンな奴ですね。

そうなんです。
ここで雇われて働いている人はみんなまともで、いい人たちばかりなんです。
経営者が変なだけで。

それに、最後の最後に園長とも言葉は交わせましたし。
こちらも一応大人ですから。
意外と、園長は普通に話ができました。
向こうも、こういう時はさすがに大人になれるんだな、と思いました。



皆さんからいただいた色紙。
c0357659_23460308.jpg















帰ってからじっくり読ませてもらったメッセージ。ジーンときました。
人間関係には恵まれていたよなあと思います。
私、意外と馴染めていたのかな???

保育園を出てからサプライズがありまして。

園の駐車場に停めている車に乗ろうと思って運転席を開けようとしたら、ドアの取っ手に小さな紙袋が掛けられていました。

??? なんじゃこりゃ???


中身を確認すると、紫のバラをあしらったボールペン。
クラス担任をしていた女の子のお母さんからでした。


えええーーー。
な、なんなら声をかけてくれたらよかったのにーーーっ。

直接お礼は言えなかったので、メッセージカードを託してきました。


なんで私の車を知ってはったんやろ???(職員の車の数は多いし・・・)
なんで私の好きな色を知ってはったんやろ???(それは偶然だろうけど、私の好きな色は1位が青、2位が緑、3位が紫)
紫のバラ・・・って、ガラスの仮面みたいやんか~。(ガラスの仮面、全巻持ってますねん)

短いお付き合いだったのに、そのお気持ちが嬉しくて。

気持ちよく、本当に気持ちよく、職場を去らせていただきました。

陰ながら、子どもたちの成長に声援を送り続けたいと思います。



にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村

[PR]
by miyonara | 2016-04-02 23:57 | 仕事のこと | Comments(0)